保護動物を迎える前に

動物を家族に迎える前に

保護動物を新しい家族として迎える前に、考えておきたいことや確認しておきたいことなどをまとめます。

マイクロチップ登録制度について

2022年6月1日より、ペットショップ等で販売される犬、猫へのマイクロチップ装着が義務化されます。保護施設などから譲渡された場合やすでに飼育している場合は、努力義務となります。しかし、近年甚大な自然災害の発生が多く発生していることもあり、迷子になった場合の発見につながることもあります。
すでに民間団体へ登録されている方は、環境省のデータへも登録でき、移行登録サイトも開設されています。
詳細は、環境省のマイクロチップ制度をご覧ください。

出典:環境省「犬と猫のマイクロチップ情報登録について」より

保護犬や保護猫などを迎える前に、確認しておきたい3つのこと

環境

迎え入れる住宅や周辺環境、生活内容を確認します。

  • ケージやトイレを置く場所など、飼育するのに十分なスペースの確保
  • 鳴き声が大きい、よく吠える場合などの対応、ご近所やご家族の理解を得られますか?
  • 食費だけでなく、おもちゃや消耗品にかかる費用、医療費などを一生涯通して負担できますか?
  • 毎日、給餌や散歩、ブラッシングなど世話をする時間をとることができますか?
  • 出張や入院など、自宅を離れる必要がある場合に預けられるところはありますか?

知識

動物についての知識、『保護された動物』とのかかわり方について学びましょう。

  • 犬や猫の習性、寿命、健康管理、しつけ、などの最低限の知識は得ていますか?
    動物保護検定で確認しましょう!
  • 困ったことがあったときのための、信頼できる相談先、情報源はありますか?
  • 保護された成犬・成猫とのかかわり方、特性について理解はしていますか?
  • 自分だけでなく、同居する人も正しい知識と理解をしていますか?

感情

ご自身、ご家族の気持ちが『家族』を迎え入れることに納得できているか確認しておきます。

  • 『保護動物』を家族とすることに、賛成の気持ちは一致していますか?
  • いたずらや粗相、しつけの苦労などにも根気よく付き合う気持ちはありますか?
  • 万が一飼えなくなった場合どうするか、考えていますか?
  • 動物を一生涯、責任を持って世話をすることを心に決めていますか?

少々大袈裟なところもありますが、どんな動物でも家族とするからには『責任』が生じます。
かわいいだけではないときもあるでしょう。保護された動物は心に傷を負っている場合があり、成犬成猫の場合は特に、子犬・子猫から育てるより大変なこともあります。
そういったことすべてを理解し、同居する人たち全員が納得した上で、新しい家族を迎え入れましょう。

家族の一員として保護動物を迎え入れよう!と思ったら

自治体の動物愛護センターや民間の動物保護施設で出会うことができます。

飼い主募集サイト

◆里親マッチングサイト《hugU(ハグー)》

ハグー
◆保護犬猫と里親を結ぶ場所《OMUSUBI(お結び・おむすび)》

その他参考リンク

環境省

パートナーシッププロジェクト「つなぐ絆、つなぐ命」

環境省と外部の法人等がパートナーシップとして連携し、犬猫の譲渡促進に取り組んでいます。

その他団体

こいぬと365!

仔犬を約一年間飼育するボランティア『パピーウォーカー』などガイドドッグボランティアのための情報や、盲導犬(介助犬)にまつわるニュース、各地のイベント情報などをお届けしています。

ご寄付のお願い

保護犬・保護猫の理解や普及を目的とした「ピンクゴールドリボン運動」を行っています。
皆様からのご寄付は、全国の動物保護団体を支援するために利用させていただきます。
啓発ツールとして、一口1000円のご寄付につきピンクゴールドリボンのピンバッジを1個進呈いたします。
ピンバッジを身に付けていただき、運動の普及へご協力をお願いいたします。
SNSへの投稿もお待ちしております!
#ピンクゴールドリボン運動

一般社団法人日本動物保護センター
タイトルとURLをコピーしました