被災動物救助活動助成事業

2021年被災動物救助活動 助成事業について

日本動物保護センターでは、近年全国各地で自然災害が多発し、かつ激甚化していることを受け、災害で被災した動物の救助活動にあたる個人や団体を支援するための助成事業を実施します。

◆変更お知らせ◆

【2021.07.26】「応募方法」内の締め切りを、「活動終了後2ヶ月以内」に、最終応募締切を「2022年1月20日」に変更しました。

趣旨

自然災害などによる甚大な被害を受けた被災地のペットや動物(以下「被災動物」という)の救助、救護などの救助活動を行う個人および非営利団体(以下「団体等」という)に対して、助成事業を実施します。

助成対象

(1)対象団体等

2021年7月以降に国内における風水害、地震等の災害が発生した地域にて、保護に緊急を要する被災動物の救助、救護などの活動を行い、以下の要件にすべて該当する団体。なお、同時期同地域の活動において他の助成金を受領している場合は申請できません。

  • 過去に災害地域での被災動物の救助活動を実施した実績があること
  • 上記過去の活動実績がわかる資料、報告書を提出できること
  • ボランティアの受入れ地域が限定されている場合は、その対象地域内の団体等
  • 過去に行政からの勧告、処分等を受けていないこと
  • 過去に補助金・助成金の交付を受けている場合、不正や事故を起こしていないこと
  • 過去、行政や自治体、他の団体、または住民の方などとのトラブルが発生していないこと
  • 市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力と関わりがないこと
  • 救助活動の報告書、領収書等を提出できること

(2)助成対象地域

2021年7月以降に災害救助法が適用された地域。または、災害ボランティアセンターが開設されている地域。
参考サイト:内閣府 災害救助法の適用状況

(3)助成金額

1団体あたり、上限20万円を助成します。

(4)助成対象費用

  • 被災地までの往復及び現地での活動に要する交通費
    (公共交通機関、ガソリン代、高速代など。グリーン車や飛行機その他の特別席料金等は除く)
  • 活動中の宿泊費(1泊1万円まで)
  • 被災動物の医療費、フード代、その他飼育や捕獲に要する費用
  • その他必要と認める経費

応募方法

活動終了後2ヶ月以内に、応募書類を電子メールにて送付してください。 なお、最終応募期限は2022年1月20日です。

※「活動終了後」とは、被災地での動物保護、捕獲作業が一通り終了した段階を想定しています。

申込方法

当ページの最後にある「2021年被災動物救助活動助成金 応募用紙」をダウンロードし、必要事項をご記入ください。他の必要書類とともにPDF化したうえで、以下の要領により電子メールにて(japc@iva.jp)に送付してください。

  • メール件名は必ず【救助活動助成金応募(貴団体名)】としてください。
  • japc@iva.jpからのメールを受信できるように設定をしてください。
  • 応募用紙および添付書類はPDF化して送信してください。JPEGなどは不可です。
  • 応募書類等のファイル名は、内容がわかるもの(「応募用紙」、「領収書」など)としてください。

応募必要書類

  1. 2021年被災動物救助活動助成金 応募用紙
  2. 活動した災害ボランティアセンターで発行された活動証明書
  3. 活動証明書の発行がない場合、活動内容の詳細報告書、写真等
  4. 支出した活動経費の領収書(近距離鉄道・バスを除く。コピー可)
  5. 非営利団体の場合、団体の定款や会則、履歴事項全部証明書等の写し

留意事項

  • 活動の内容、必要性がわかるように記入してください。
  • 費用については、使途がわかるように内容を記入してください。
  • 応募書類に虚偽の記載、報告があった場合、活動実績が不適当または活動を実施していない場合、その他当センターで内容が不適当であると判断した場合には、助成決定の取り消しおよび交付した助成金の返還を求めることがあります。
  • 応募の際、メール件名やファイル名・形式などは要領に沿ってお送りください。
  • お問合せ、お申込みはすべて電子メールにて japc@iva.jp へお願いいたします。お電話や直接の問い合わせは受け付けておりません。
  • お問い合わせは、当ホームページの「お問い合わせフォーム」からでも受け付けます。

募集要項・応募用紙

下の表より応募用紙(PDF版とWord版のいずれか)をダウンロードしてください。

2021年被災動物救助活動助成事業 募集要項PDF
2021年被災動物救助活動助成金 応募用紙PDF版】【Word版


寄付についてのお問い合わせ

保護動物の普及推進を目的とした「ピンクゴールドリボン運動」を展開しています

◆寄付の用途◆

  • 動物保護に関する広報および普及啓発
  • 保護活動団体、個人への助成
  • 関連諸団体の活動に関する情報交換および協力

一定額のご寄付をいただいた方へ、動物保護への関心を持ってもらうための啓発ツールとして、ピンクゴールドリボンピンバッジをお送りしております。
一口1000円のご寄付につき、ピンバッジを1個お送りいたします。